スペキュレイタ

ヤマザキのランチパックはたまごのが好き
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

[-] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

<< #988 サンドイッチで延命を | main | #989 ほしいもの(06-0703 ver.) >>

[game] #020 大神 (カプコン)

さて、現在プレイ中の、
プレステーション2用アクションRPG「大神」の
感想をまとめておきます。

まずは、主人公の大神(実際は白いワンコ)の動きが
なんとも言えず愛らしいのです。
敵と戦うときには凛々しく、時にはシッポを振ったり
高いジャンプで軽い身のこなしを見せたかと思えば
のんびり寝そべったり・・・
さまざまな動作の一つ一つが本当に良く出来ています。
しかもちょっとだけバカ犬だというのも、
グッと心をつかまれるのです。かわいすぎる。

そしてもうひとつ特筆すべき点があるとすれば、
それはもちろん、水彩画をモチーフとしたCGの素晴らしさ。
普通、水彩画は2次元の平面で描かれますが、
このゲームでは花や木、家屋や妖怪など
全てのオブジェクトが3次元で表現されています。
しかも、どこからどう回り込んでみても、造形に隙がない。
(ごくたまにポリゴン欠けはしますが・・・)

「水彩画風」といってもイメージがつかめないと思うので、
まずはオフィシャルサイトで、グラフィックを確認してみましょう。

「大神」オフィシャルサイト(カプコン)
※音がでます。注意!
http://www.o-kami.jp/

このゲームは、主人公のワンコを操作して
さまざまな謎を倒したり、敵を倒したりするわけですが、
システムの感触が「ゼルダの伝説 風のタクト」に似ています。
ただ、「風のタクト」は、主人公に出来ることが多すぎて
少々持て余し気味の部分もあったように思います。
こちらの「大神」は、なんと言っても主人公が犬なので
出来ることが限られるのが、
逆にいろいろ考えすぎなくて良いですね。

もちろん、謎解きの要素も盛り込まれているので、
そういう場面ではきっちり悩まされるわけですが、
あらゆる手段を、あまり時間をかけずにトライできます。
(これが「風のタクト」だと手段が多すぎて試すのが大変)

あと、主人公を含むさまざまな登場人物の動きが
ことごとくオーバーアクション気味で、見ていて楽しいです。
動きに関しては「ギフトピア」の影響を
かなり受けていそうですね。

というわけで、「風のタクト」と「ギフトピア」を
プレイしたことがある人なら、間違いなく楽しめるゲーム。
メニューやステータス画面の詰めの甘さ、
戦闘の大味さなど、気になる部分もないではないですが
全体の完成度の高さから見ればささいな傷でしかない。
これからのプレイが楽しみです。
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0)


------------------------------

[-] スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spc.jugem.cc/trackback/621
この記事に対するトラックバック
☆各記事下にある「Comments(0)」をクリックすると、その記事につけられたコメントを読めます。たいてい0件。その画面でコメントも書けます。ぜひぜひ。