スペキュレイタ

ヤマザキのランチパックはたまごのが好き
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[-] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

<< #941 桜が咲いたのにけっこう寒いような | main | #942 円覚寺行ってきました! >>

[live & event] #033 サクラチルアウト2006@北鎌倉 東慶寺

土曜日は、北鎌倉の東慶時で開催された
「サクラチルアウト2006」に行ってきました。
「お寺の本堂でエレクトロニカ」なこのイヴェントは
今までは京都などで行われていましたが、
今回、初めて関東で開催されました。

東慶寺・境内

会場となる東慶寺は、境内にこんな素晴らしい庭があるお寺。
のりしろはその前に行った円覚寺に時間を割きすぎて、
東慶寺のほうは事前に見て回れませんでした。残念。

開場してすぐに行ったのに、すでにものすごい行列が・・・。
入場者は400人以上で、最終的には入場制限をかけていました。
「着物で入場すると1,000円引き」というシステムのせいか、
和装の方がちらほらと。男性でも和服を着ている人がいましたね。

東慶寺・開演前の本堂

入り口で靴を脱いで、配られたヴィニル袋に入れて持ち運びます。
そして本堂に入ると、すでにノートパソコンなどが
セッティングされていました。本当に仏前です。
すべてのアーティストのパソコンの電源が
すでに入れられた状態だったので、
セットチェンジに時間が掛からなくて良かったですね。

観客は、本堂の床(畳敷き)に座るか、
後方で立って見ることになります。
面白かったのは、アーティストのほうも
パソコンを文机[ふづくえ]の上に置いていたので、
正座して演奏していた方がちらほらと・・・。

午後5時、演奏が始まりました。
アーティストのほうを見て集中して聴いている人もいれば
目をつぶって体を揺らしながらの人もいます。
また、本堂は開けっ放しなので、
庭などで聴くことも可能なのです。
お寺の廊下や、境内のあちこちに、
和紙で作られた照明が置かれていて素敵でした。

東慶寺・あちこちに置かれた明かり

また、本堂の前室である広間は、ラウンジと化していました。
そして、アジア系な選曲のDJを聴きながら、
座布団を枕にゴロゴロしている人々多数。
こっちもいい雰囲気だったなぁ・・・。
この日は本当に観客が多かったので、
本堂に入りきらなかった人々が、このラウンジや
庭などに出て、それぞれ時間を過ごしていたようです。

東慶寺・本堂の天井

演奏は、もともと大好きな安田寿之、snoweffectの他では、
OTOGRAPHが気に入ったので、演奏後にCDを購入しました。
特に、3曲目あたりに演奏した、
「overflow」という曲が気持ち良かったです。
細かく刻むリズムと、ゆったりうねるR&B風のベースが
組み合わさって、独特の浮遊感あふれる音となっていました。

安田寿之は新曲を2曲演奏。
最後に演奏した新曲「Lua Calor」は、
途中で次々と切り替わるギターの刻み方が印象的。
電子音中心なのに、哀愁を感じる不思議な曲でした。

snoweffectは、曲の中で温泉実況中継のナレーションが入る
「on cent latte aux」が良かったです。
まさかライヴでこの曲を聴けるとは思いませんでした!
演奏時間が20分と、短かったのだけは残念です・・・。

足がしびれてしまったので、後半は
本堂を離れて、あちこちを探検しました。
奥の茶室で抹茶(この日2杯目)とお菓子をいただき、
庭で体長5cmのヒキガエルを発見し、
夜桜をカメラで撮影し・・・
というわけで、まったり楽しんだこのイヴェント、
またいつか関東で開催されますように!

葉桜と月

男 サクラチルアウト2006(涼音堂茶舗)
http://www.tokeiji.com/pc/index.html

男 東慶寺 オフィシャルサイト
http://www.tokeiji.com/pc/index.html
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0)


------------------------------

[-] スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spc.jugem.cc/trackback/566
この記事に対するトラックバック
☆各記事下にある「Comments(0)」をクリックすると、その記事につけられたコメントを読めます。たいてい0件。その画面でコメントも書けます。ぜひぜひ。