スペキュレイタ

ヤマザキのランチパックはたまごのが好き
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

[-] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

<< #852 バッヂは一日3個まで | main | #853 布団を干すのが遅かった >>

[book & comic] #031 西澤保彦 「タック&タカチシリーズ」時系列リスト

突然ですが、西澤保彦の代表的著作シリーズのうちの1つに
「タック&タカチシリーズ」というのがあります。
タック、タカチ、ボアン先輩、ウサコの4人を中心に
繰り広げる、青春物語を多く含んだ、推理小説です。

現在、5冊の長編と、3冊の短編集が発表されており、
そのうちのほとんどがすでに文庫化されています。
つまりは、最近新作が出ていないわけですが・・・。

まずは、現在までに発行されている本のリストを。

<長編>
A.『彼女が死んだ夜』カドカワノベルス(1996)/角川文庫(2000)
B.『麦酒の家の冒険』 講談社ノベルス(1996)/講談社文庫(2000)
C.『仔羊たちの聖夜[イヴ]』
   カドカワエンタテインメント(1997)/角川文庫(2001)
D.『スコッチ・ゲーム』
   カドカワエンタテインメント(1998)/角川文庫(2002)
E.『依存』 幻冬舎(2000年)/幻冬舎ノベルス(2001年)/幻冬舎文庫(2003)

<短編集>
a.『解体諸因』 講談社ノベルス(1995)/講談社文庫(1997)
b.『謎亭論処』 祥伝社ノン・ノベル(2001)
c.『黒の貴婦人』 幻冬舎(2003)/幻冬舎文庫(2005)

という感じになっています。
長編は、発表順がそのまま時系列順になっているので、
「彼女が死んだ夜」から読み始めて「依存」まで続けて読んで問題なし。

しかし短編集のほうは、収録方法がとても厄介で、
短編集3冊全部が、時系列がバラバラに収録されているのです。
読んでいると、頭の中がこんがらがること必至。
しかも長編の前後を補完するような話も多く、
シリーズ全体で見るとけっこう重要なエピソードもちらほらと・・・。

・・・というわけで、すべての小説を時系列に沿って
並べてみました。これで少しは分かりやすくなったかな?
※物語の「解決編」の時期をもとに並べています
※同じ年に解決される作品はひとまとめにしてあります
※短編あとの数字は、その作品が収録されている順番

<学生編>
『彼女が死んだ夜』
『麦酒の家の冒険』
「解体守護」(解体諸因-5)
「新・麦酒の家の問題」(謎亭論処-8)
「見知らぬ督促状の問題」(謎亭論処-2)

『仔羊たちの聖夜』

『スコッチ・ゲーム』
「印字された不幸の手紙の問題」(謎亭論処-7)
「招かれざる死者」(黒の貴婦人-1)
「黒の貴婦人」(黒の貴婦人-2)

『依存』

<社会人編>
「解体昇降」(解体諸因-3)
「解体迅速」(解体諸因-1)
「解体出途」(解体諸因-6)

「スプリット・イメージ」(黒の貴婦人-3)
「夜空の向こう側」(黒の貴婦人-5)


「盗まれる答案用紙の問題」(謎亭論処-1)
「消えた上履きの問題」(謎亭論処-3)
「呼び出された婚約者の問題」(謎亭論処-4)


「懲りない無礼者の問題」(謎亭論処-5)
「ジャケットの地図」(黒の貴婦人-4)
「閉じ込められる容疑者の問題」(謎亭論処-6)
「解体信条」(解体諸因-2)

「解体肖像」(解体諸因-7)
「解体譲渡」(解体諸因-4)
「解体順路」(解体諸因-9)


<時系列から外れるもの>
※劇の脚本、ただし「解体順路」(解体諸因-9)よりは前に書かれたもの
「解体照応」(解体諸因-8)

・・・というわけで、このシリーズを読む際の
手助けになれば幸いです。
「チョーモンインシリーズ」でも同じように
短編の収録順と時系列がこんがらがってますが、もう知らん。

男 参考資料:タック&タカチシリーズ年表(解題書院)
※ネタバレ注意
http://www.i-younet.ne.jp/~ykawase/nenpyo/nen_frame.html
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(2) | trackbacks(1)


------------------------------

[-] スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

この記事に対するコメント

はじめしまて、初コメント北里です。
短編の時系列綺麗にまとめましたね〜、お疲れ様です。でもやはりこれよりこんがらがっているのがチョーモンインシリーズ。短編だらけですのでパズルみたいで大変そうです。
トラバもしているのでよろしく〜です。
北里 | 2006/01/17 8:19 PM
北里さん>
はじめまして!
こちらこそよろしくお願いします。
そうそう、チョーモンインシリーズのほうが
もっともっとこんがらがってるんですよね・・・。
最初タック&タカチシリーズに続けて
挑戦しようと思いましたが断念しました(笑)
のりしろ | 2006/01/18 1:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spc.jugem.cc/trackback/465
この記事に対するトラックバック
今回の闘う女達は 「スコッチ・ゲーム―匠千暁シリーズ」西澤 保彦    「キャンパス四人組が、タカチの過去の謎に挑む! 郷里の高校卒業を控えたタカチが学園の寮へ帰ってくると、同性の恋人が殺されていた。なぜ彼女は殺されたのか?キャンパス四人組のシリ
「スコッチ・ゲーム―匠千暁シリーズ」 西澤 保彦 | 闘う女達への応援歌!日記 | 2006/01/17 8:26 PM
☆各記事下にある「Comments(0)」をクリックすると、その記事につけられたコメントを読めます。たいてい0件。その画面でコメントも書けます。ぜひぜひ。