スペキュレイタ

ヤマザキのランチパックはたまごのが好き
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[-] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

<< #813 いろいろな場所で用事がいろいろと | main | #049 CD購入@三軒茶屋とか >>

[tv & movie] #023 映画「チャーリーとチョコレート工場」@ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ

日曜日(11日)、六本木ヒルズに
映画「チャーリーとチョコレート工場」を見に行ってきましたよ!
放映30分前に大雨が降り出したのにも関わらず、
座席はほぼ満員でした。
のりしろは、事前に座席を予約して行ったので、
後ろのほうのほぼ真ん中という良席で見ることができました。

男 ヴァージンシネマ六本木ヒルズ
※このページで座席予約が可能(クレジットカードが必要です)
http://www.tohotheater.jp/theater/roppongi/index.html

さて、この映画の原作を知っている状態で見たんですが、
その再現度の高さに驚かされました。
チョコレートの滝、ナッツ選別室、テレビ室など
原作に登場するアイテムが、今ここに!
しかも、それぞれ、ファンタジィ系、ミッドセンチュリィモダン、
ラウンジ、SFなど、70年代くらいまでの
様々なデザイン様式が取り入れられていて、見ていて飽きないのです。
そして、全体にサイケデリックな色彩で統一されていて素敵です。

原作、といえば、今回の映画は原作とはエンディングが違うのです。
わりとジャーマンスープレックス的な投げ方だった原作の
終わり方とは違って、この映画ではもう少しだけ
踏み込んだ描写がされています。
監督がこの映画で描きたかったテーマを
はっきりと提示したかったんじゃないかなぁと思いました。
これはこれで納得。

あと、物語中で登場する、小さなウンパ・ルンパの集団が
ミュージカル調でオリジナルソングを歌います。これがすごい。
計4回そのシーンがあって、全部元ネタがあるっぽい。
濃い顔のウンパ・ルンパが大量に登場して、
素行の悪い子供を皮肉った歌を歌いまくる!
しかも音楽がかっこいい!!
(元ネタについては「続きを読む」以降で解説)

今回の元ネタは、わりと分かりやすくて、
映画をあまり知らないのりしろでも、
すぐに「あ、あの映画をモチーフにしてる!」と感じることが多かったです。
その他も、この映画ではギャグも分かりやすいし
(どちらかというとベタな感じ)、
「マニアックなのが好き!」という方にはちょっとつらいかも?と
映画を見終わったあと思ったのでした。
ギャグのノリが合わないと、ずっときついかも・・・。
のりしろはかなりハマりました。こういうの好きよ。

・・・というわけで、かなり面白かった映画です。
万人に勧めるというわけにはいきませんが、
ブラックなジョークや、70年代デザインとかが好きならば
大人でもすぐに見に行くべきだと思います!

男 映画「チャーリーとチョコレート工場」オフィシャルサイト
※音が出ます。注意!
http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/

・・・あ、肝心の「香り」について。
映画館のホールに入ったときに一番強く感じました。
外国産のチョコな感じです。ソニプラっぽい匂い。
映画開始後にチョコの香りが流されましたが、
のりしろの座席が高い位置にあったせいか
あまり強くは感じませんでした。このくらいなら
映画を見るのに邪魔にならなくて、快適です。
ここから下は、映画の中に登場する
映画・音楽パロディネタの中で、のりしろが気付いたもの。
もちろん激ネタバレですので気をつけて。
(マウスで↓の部分をドラッグするとネタバレ文章が出ます)






<ウンパ・ルンパ(チョコレートの滝)>
・ここは元ネタ分からず。でも楽しい!
・映画パンフレットより、映画「水着の女王」が元になっているんだそう

<ウンパ・ルンパ(フルコースディナ・ガムの部屋)>
・たぶんアレはマイケルジャクソン
・でも曲調は70年代ファンク

<ウンパ・ルンパ(ナッツ選別室)>
・曲調はスティーヴィー・ワンダー
・映画パンフレットには「後期ビートルズとトッド・ラングレン」とあり

<テレビ室のテレビ番組>
猿の惑星2001年宇宙の旅
 「ツァラトゥストラはかく語りき」が!
・サイコ(ここだけ白黒画面!)

<ウンパ・ルンパ(テレビ室)>
・クイーンが!あはははは(のりしろここで笑いのピークが)
・あとビートルズも出てた。一人だけちゃんと楽器の構えが逆
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(4)


------------------------------

[-] スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spc.jugem.cc/trackback/408
この記事に対するトラックバック
●チャーリーとチョコレート工場を鑑賞。 失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父
チャーリーとチョコレート工場 評価額・1300円 | Blog・キネマ文化論 | 2005/09/12 8:19 AM
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開!
チャーリーとチョコレート工場 | Akira's VOICE | 2005/09/12 3:47 PM
公開初日のナイトショウ(0:15〜)で観てきました。 夜中だっていうのに、ほぼ満員。 さすがチネチッタ川崎? さすがジョニー・デップ? それともティム・バートン監督? こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。 原題は「CHARLIE AND THE
★「チャーリーとチョコレート工場」 | ひらりん的映画ブログ | 2005/09/12 6:22 PM
 先週「シンデレラマン」を観に行った際、シネコン「MOVIX京都」の窓口付近で係員が「『チャーリーとチョコレート工場』は後3つしか席が残っていませんよ」と大きな声を張り上げていた。その時点でまったく予備知識なし(情報収集意欲なし)。ただきっと、面白い
チョコレート工場をもっと見たかったな | 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 | 2005/09/25 1:20 PM
☆各記事下にある「Comments(0)」をクリックすると、その記事につけられたコメントを読めます。たいてい0件。その画面でコメントも書けます。ぜひぜひ。