スペキュレイタ

ヤマザキのランチパックはたまごのが好き
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[-] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

<< #805 キャベツ半分 | main | #806 知らない振りをしてください >>

[game] #018 ちびロボ!プレイ日記05(完結編)

ゲームの発売から2ヶ月もたってから
「ちびロボ!」オフィシャルサイトで、
恋する乙女、ベベさんの「ベログ」が始まりました。
これは「ちびロボ!」の中に登場する、
イモムシのぬいぐるみ(でも乙女)のベベさんが、
あの方への思いを綴っていくんだそうです。
平日は毎日更新のようですね。

そもそも彼女はキーボードを打てるのかという疑問が
よぎりますが、鉛筆も器用に持っていたので
このくらいなんてことはないんでしょうね。

男「ベログ」(「ちびロボ!」オフィシャルサイト
http://www.nintendo.co.jp/ngc/ggtj/belog/index.html

---

さて、だいぶ放置していた「ちびロボ!」プレイ日記も
今回で最終回です。何とか完結ですね。
今まで取り上げなかったキャラクタについて、
いろいろと書いてみようと思います。

男「ちびロボ!」プレイ日記04(スペキュレイタ)
http://spc.jugem.cc/?eid=367

男「ちびロボ!」プレイ日記03(同)
http://spc.jugem.cc/?eid=345

男「ちびロボ!」プレイ日記02(同)
http://spc.jugem.cc/?eid=343

男「ちびロボ!」プレイ日記01(同)
http://spc.jugem.cc/?eid=341

サンダースン一家の一人娘であるジェニーが
大事にしている、ピンクのクマのぬいぐるみが「サンプー」。
なぜ「サンプー」という名前なのかというと、
この名前を繰り返して言うと元ネタが!ああ危ない!
著作権に厳しいあの方面には気づかれませんように!

このサンプー、夜になるとひとりで動き出しますが、
どうも様子が変なのです。
ちびロボが食事中のサンプーを訪ねてみると、
つぶらな瞳がいっぺん、凶悪な顔になります。二重人格!

しかしちゃんと話を聞いてみると、
サンプーは蜜(みつ)を欲しがっている模様。
ミツなら何でもいいので、キッチンにあるミツか、
うらにわに咲いている花から花のミツを入手します。
入れ物が必要ですが、ジェニーの部屋に
おもちゃの注射器があるので、これを利用します。

それで、注射器にミツを入れたら、サンプーに掛けてあげると
穏やかな表情に戻るのです。
しかし、これは一時的なもので、
またミツが切れたら元通りに怖い顔に。
どうやらサンプーはミツ中毒になっていたのでした。

しかし、サンプー自身もこれではいけないと思っていて、
ちびロボに「伝説の花の種」を託します。
この花から取れるミツを飲めば、ミツ中毒から開放されるらしい。
しかし、この花は土に植えてから咲くまでに10年も掛かるのです。
さぁどうしたものか・・・。

・・・と、登場するキャラクタのほとんどに
単独のエピソードが用意されています。
これらをちゃんと見届けるのに時間がかかって、
どうしても本編を進めるのが遅くなるわけですね(笑)
しかし、なんとかエンディングを見ることができました。
良かった良かった・・・。

ただし、サブイベント(上記のサンプーのイベントなど)を
クリアするともらえる「シール」が
まだまだそろっていません。
やっぱりこれを揃えてこそ、真のクリアか。
まだもう少し時間がかかりそうですが、
のんびりプレイしていきたいと思います。
しばらく買いたいゲームがないので、ちょうど良かった!

男「ちびロボ!」オフィシャルサイト
http://www.nintendo.co.jp/ngc/ggtj/index.html
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0)


------------------------------

[-] スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spc.jugem.cc/trackback/398
この記事に対するトラックバック
☆各記事下にある「Comments(0)」をクリックすると、その記事につけられたコメントを読めます。たいてい0件。その画面でコメントも書けます。ぜひぜひ。