スペキュレイタ

ヤマザキのランチパックはたまごのが好き
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[-] スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | 固定リンク | - | -


------------------------------

[food & drink] #220 かっぱえびせん えび天カレーうどん味(カルビー)

エビだって喜んで揚がっちゃいますよ!

えっと、今にはじまった話じゃないんですけど
「期間限定で珍しい味のお菓子を発売してみよう」というのに
どうもなじめないのりしろです。
こんなに新製品が好きなのに・・・一見矛盾しているようですが、
本当は常に、一生コンビニ棚に残る商品を
全力投球で発売して欲しいのです。
無理なお願いだとは分かっているけれど。

・・・といきなりちょっと重めですが、商品紹介は気楽に。
この「かっぱえびせん えび天カレーうどん味」は
東京・巣鴨にある「巣鴨古奈屋」というお店の
カレーうどんの味なんだそうです。しかもエビの天ぷら付き。
ということは、

(1)エビの天ぷら味
(2)カレー味
(3)うどん味

の3種類の味が渾然一体となっているはず。たぶん。
さっそく食べてみると、和風ダシの効いたカレー味でした。
いわゆる「おそば屋さんのカレー」です。
じんわりと後からやってくる、やさしい辛さがいいですね。

そしてエビ味も感じます。「かっぱえびせん」だから当然ですが。
さらに、少しですが天ぷらの衣っぽい味も!
おお!がんばってます。
あまり油っぽい味が強すぎても食べにくいだけなので、
このくらいのほうがいいのかも?

そんなこんなで、実は気に入ってしまったのでした。
いつものかっぱえびせんより、いろいろな味が複雑に絡み合って
違った雰囲気を楽しめます。

ただ・・・ただ・・・やっぱり納得できないのは
「うどんの味」が一切なかったというところでしょうか。
無理か!カルビーでも無理なのか・・・。

※オフィシャルサイトに紹介がなかったので
 カルビーへのリンクはなし
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(2) | trackbacks(0)


------------------------------

[food & drink] #219 オーヴィル 電子レンジ用ポップコーン (亀田製菓)

袋ちっちゃい!

ポップコーンってもはや映画館とかぐらいでしか
食べないんですが、それでも
「自宅で出来たてのポップコーンが食べられる」
ということで買ってみましたよ。
良くある、アルミ鍋型のとどう違うのかも気になるところ。

この「オーヴィル 電子レンジポップコーン」は
もちろん外国産で、亀田製菓が輸入して販売しているそうです。
写真を見てもらえば分かるとおり、
店頭では、こんなちっちゃい袋に入って売られています。
厚さも、かなり薄いのです。これはいいですね。
あと、賞味期限が長めなので(約10ヶ月ありました)、
おなかが減った時の備蓄として買っておくのもいいかもしれないですね。
値段も100円(税抜)と、高くないです。

ふくらんでまーすー

ビニール製の外袋の中に、さらに紙袋が入っていて、
その中にポップコーン用のコーンが入っています。
この紙袋を広げて、そのまま電子レンジに入れ、加熱します。
紙袋の下に、耐熱の皿を1枚引いておくと
熱が均等に伝わって良いのだそうです。

加熱時間ですが、
「ポップコーンのはじける音の間隔が1〜2秒になったら加熱をやめる」
というのがポイント。
説明書には2〜3分と書いてありましたが、
のりしろ宅の電子レンジでは2分ちょうどの加熱でOKでした。
あまりやりすぎるとコーンが焦げてしまうそうです。
初めて加熱する場合は、電子レンジから離れずに、
弾ける音をちゃんと聴いていたほうがいいかもしれませんね。

お皿いっぱい

・・・というわけで出来上がりです。
紙袋、加熱後は内側が油まみれになるので
皿などに移し変えてから食べたほうがいいかもしれません。
↑の写真の皿は直径約20cm。少し深みのある皿です。
この皿に盛っていっぱいになるわけですから、かなりの量。
ひとりで食べきるにはちょっとつらいかも?

味のほうは問題なくおいしかったです。
のりしろが買ったのは「あっさりバター味」で、
ちょっと塩が足りなかったので、少し振りかけました。
バターの濃さは問題なし。ということは、
普通のバター味だと濃いのかも・・・。

(亀田製菓にこのポップコーンに関するページがなかったのでリンクなし)
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(1)


------------------------------

[food & drink] #218 Fuwarinka (カネボウ)

まとめ買い!

「food & drink」枠の感想を再び書き始めて1週間。
まだ調子は戻っていない気はするものの、
こんな感じならまた続けて書けそうですね。
そして心の琴線に触れる新製品をもっともっと探します。

---

・・・といいつつ、今回も新製品レビュではありません。
8月末に発売されたこのガム、
製品の存在は発売前から知っていましたが
入荷している店が非常に少なくて、探すのに難儀しました。
のりしろの住んでいる街のコンビニ&スーパーでは全滅。
9月中旬に、やっとで手に入れることができました。

この「Fuwarinka [フワリンカ]」は、
食べると体から香りが出る・・・らしいです。
ガムとソフトキャンディの2種類があって、
バラの香りが出るのはガムのほう、
ソフトキャンディを食べるとバニラの香りがするそうで。

「体から香る」ということについては
こちらの記事が分かりやすいので、リンクを張っておきます。
要は、焼肉を食べた非の翌日に体が焼肉くさいのと同じ、と(笑)

男 カラダからあま〜い香りが漂うガム (Excite Bit)
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091126161963.html

ここで注意するべきなのは、
「食べたガムの味と、体から香る香りが一致しない場合もある」
ということ。
例えば、ガムならレモン味とバラの味とありますが、
体から香るのは両方ともバラの香り。
同様に、ソフトキャンディーにも
レモン味とバラの味が存在します。
こちらは前述のように両方ともバニラの香り。

食べた時にすでに香りがするのかなぁ、と思ったら
少しだけ分かる・・・ような気がします。
もちろん食べた時に強く香る成分と、
体から香る成分は違うと思うので気のせいかもしれませんが・・・。
今回、ガムしか食べていませんが、
バニラの香りのソフトキャンディだったら、もっと分かったかも?

それで、食べてからどのくらいの時間で体から香り始めるのかというと
速くて1時間、遅いと4〜5時間かかる模様。
人によって個人差があるそうです。
まぁ代謝とか何とかいろいろありますからね。

実は、のりしろは9月中旬から下旬にかけて、
休日の出かける数時間前にこのガムをかんでから、出かけていました。
しかし、気づいてくれた人はゼロ。
もちろん行った場所がタバコくさい場所であったり
いっぱいモノを食べる場所であったりしたことも多いので
「体からの香り」を生かせることができなかったわけですが、
それにしてもやっぱりここまで気づかれないということは
効果がそんなに強くない、ということなのか・・・。

ただ、自分で気づいたことが1回だけあって、
夜寝る直前にガムをかんだら、
朝起きた瞬間に、少しだけバラの香りがしました。おおお!
布団から出ると消えてしまうような、かなりはかないものでしたが・・・。

男「Fuwarinka」紹介ページ(カネボウ)
http://www.kanebofoods.co.jp/goods/okasi/fuwarinka.html
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0)


------------------------------

[food & drink] #217 ゆずれもん (ダイドードリンコ)

パッケージも微妙にチェンジ

今年も無事に「ゆずれもん」発売されましたよ!
これで初登場から3年目ですね。
好きな飲料なので、発売されるのを楽しみにしてたのです。
味も、去年と変わらずで安心して飲めますよ。
終わり。

・・・というわけにもいかないので
昨年のヴァージョンとの相違点を書いておきます。

まずは「ゆずれもん」2004年ヴァージョンについて
書いた記事へのリンクを。

男「ゆずれもん(2004年)」(スペキュレイタ)
http://spc.jugem.cc/?eid=138

2004年ヴァージョンと比べると、
パッケージの色調はほぼ変わっていません。
さすがに「ふたの部分まで覆うパッケージ」というのは
やめたようです。
今年のパッケージは、ゆずとレモンのイラストの周りに
ハッパの模様が増えてますね。それくらいか。

あと、今年の「ゆずれもん」は、
使っているはちみつが「檸檬はちみつ」、
すなわちレモンの花から取られたはちみつなんだそうです。
本当ならば2004年ヴァージョンとは
味の違いが見られるところなんでしょうが、
飲んでみてもまったく分かりませんでした・・・。
でもまぁ、変わらずおいしいから問題ないのです。
来年以降もこのまま定番商品として定着するといいですね。

男「ゆずれもん」ニュースリリース(ダイドードリンコ)
※ホットの容器の形状にひねりが入っていて面白い
http://www.dydo.co.jp/dydo/release/050922/yuzulemon05.html
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(2) | trackbacks(0)


------------------------------

[food & drink] #216 BREO (グリコ)

あっかんべーあっかんべーあっかんべー(CMソング)

うわ、「food & drink」枠で感想を書くの、3ヵ月半ぶりですよ!
お久しぶりです。ご無沙汰しております。
のりしろは、近頃寒くなってきたのに
この季節にちょうど良い、はおるものを持ち合わせていません。
とりあえず何か買えよって話ですよね。分かってます分かってます。
しかし9月は、見事なまでに赤字だったのでした。えへへへへ。

それはさて置き、グリコから
BREO[ブレオ]というタブレットが発売されています。
もう発売から2ヶ月以上経っていますが、
簡単に感想を書いておきたいと思います。

このブレオは、「舌苔[ぜったい]」と呼ばれる、
舌の上にある苔みたいなものを取り除く効果があるらしいです。
舌苔は口臭の原因になるそうなので、
やっぱり舌にびっちり付いていたら、気になってしまいます。

のりしろはいつも歯ブラシでゴシゴシと舌を磨いていますが、
あまり歯ブラシなどで強くこするのはダメらしい。
(ガーゼなどでふき取るのが良いらしいですね)
それで、ブレオをなめてやさしく舌苔を取り除こう、というわけですね。

このブレオの形状を簡単に説明すれば、
「ヨーグレット」の中にツブツブが入っている、と
考えてもらえれば分かりやすいと思います。
このツブツブが、おそらく舌苔を取る効果が期待されているのでしょう。
タブレットの大きさは「ヨーグレット」よりひと回り小さめ。
これをかまずになめ続けると効果が出るわけです。

ただ、なめてみるとよく分かりますが、
舌全体の舌苔を取ることはできません。
なぜなら、こういったタブレットをなめる時は
舌の手前から中心あたりまでを使ってなめることになるので、
奥のほうは全然届かないわけですね。
タブレットを奥のほうに持っていこうとすると
飲み込みそうになっちゃいます。

それに比べると、手前側はちょっと効果があります。
劇的・・・というわけにはいきませんが、
少しだけ舌の白みが取れたような気が!

男 BREO オフィシャルサイト(グリコ)
※2005年9月現在、関東と静岡、甲信越のみで発売
http://www.ezaki-glico.net/breo/index.html
posted by のりしろ | 固定リンク | comments(0) | trackbacks(0)


------------------------------

☆各記事下にある「Comments(0)」をクリックすると、その記事につけられたコメントを読めます。たいてい0件。その画面でコメントも書けます。ぜひぜひ。